WELCOME


voyageについて

Voyageはこのサイト全体のコンセプトです。
意味は旅、船旅・航海という意味もあるそうです。

 

***************
以前、「見えない海に漕ぎ出して」という本を読みました。
このタイトルずっと覚えています。
そのくらい、この本のタイトルに惹かれたのです。

いや、「見えない海」にひっかかりを覚えたのです。

あなたにとって「海」はどんなイメージ?
ときかれたら、どんなイメージが浮かびますか?

広いとか、気持ちいいとか、楽しいもあるかもしれません。
でも、一度、関わってみると海の広さや、深さや、
自分を遊ばせてくれた水・波によって怖さの体験をすることもあります。
そう、海は大きいのです。

「見えない海に漕ぎ出して」
という本は作家の桐島洋子さんが書かれた本です。
正直、かなり前に読んだので内容の詳細はもう、うろ覚えですが、(すいません!)
内容も海は比喩としての言葉で使われています。
桐島さんが神様というか、大きな存在というか、人生というか、見えない世界というか
そういったことを意識され始めたときのことや経験を書かれていました。

自分の人生を深く知ろうとした時、
人生の意味を追い求める時、
自分の霊性に向き合う時、
この世に受けた生の起源を感じ始めた時、
説明できないような何かが起こった時、
自分の人生に起こった断片的な経験の点と点がつながった時、
大きな意味、何らかの意図を感じずにはいられないことがあります。

何らかの意図・・・。
誰の意図?

あるのか、ないのかはわかりませんが
私達は必ず見えない海に漕ぎ出してしまいます。
自分の意志とは関係なく。
見えない海に漕ぎ出した誰かのvoyage。
そんなタイミングの誰かと、
旅の途中の会話のように
自分がずっと行きたいと思っていたところに
すでに行った人に出会うように
会話をしたくてできたサイトです。


私も今まで色んな旅をしてきました。
人生も旅ではないかとおもいます。

日常を送る都会のライフスタイル、
飼いならされたように感じる自分が沸点に達すると、
生き物である自分を試したくなって、
「本能のまま」の自分にOKがだしたくて
旅に出る時期もありました。
でもこの旅が私の人生の点と点をつなげるものになってくれています。

旅の途中のように、人と出会って、何かを感じるように生きていたい。
沢山の旅を経ても、歳を経ても、経験を経ても、そう想うばかりです。

人生と旅で私が体験したことをシェアしながら、途中で誰かと出会えたら…。
そして今は私の体験がどなたかの旅にでるきっかけになりますように…。
という気持ちも追加され、1つ1つを残しております。


桐島さんのご自宅にて